専修大学で倍率が高いのは何学部?

Last Updated on

今回は専修大学で倍率が高いのは何学部なのかについてお伝えします!

 

専修大学は日東駒専という大学群の中の1つです

有名大学である専修大学の中でも倍率が高いのは何学部なのか?

 

専修大学の受験を考えている方は是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



 

専修大学で倍率が高いのは何学部?

専修大学について

 

専修大学は1880年に誕生し、日本で初めて経済学と法律学が学べる学校でした

五大法律学校とも称され歴史ある大学です

キャンパスは東京都千代田区にある神田キャンパス

神奈川県川崎市にある生田キャンパスがあります

受験を考えている方は人気の大学なのでしっかり対策をしておきましょう!!

 

スポンサーリンク



 

専修大学で倍率が高いのは何学部?

倍率が高いのはズバリ〇〇学部

 

専修大学は経済、経営人間科学国際コミュニケーションネットワーク情報8つの学部があります(2020年時点)

 

その中で一般個別試験の倍率が最も高い学部は

国際コミュニケーション学部です

 

特に国際コミュニケーション学部の異文化コミュニケーション学科の倍率は最新の情報で7.6あります

 

これは専修大学の一般入試の全学部平均の倍率が3.9であることからも分かるようにかなり高い倍率となっています

 

これは専修大学の国際コミュニケーション学部が2020年の4月に新しく設立された学部であるからでしょう

通常新しくできた学部の初年度の倍率は上がる傾向にあるので今後国際コミュニケーション学部の倍率はもう少し下がるでしょう

 

ですが日本のグローバル化が急速に進んでいるので、その影響もあり国際コミュニケーション学部などの国際系や外国語系(特に英語)の学部は人気がかなり高まっています

 

ですので専修大学の国際コミュニケーション学部も同じ様に人気学部になると予想されます

 

このことからも倍率という視点で見ると国際コミュニケーション学部が専修大学の中で倍率の高い学部になるでしょう

 

またネットワーク情報学部の倍率は5.8倍人間科学部の倍率は6.4倍と専修大学の中ではこの2つの学部も倍率が高くなっています

 

逆に専修大学の看板学部である経済学部や法学部は難易度も高いため他の学部に受験者が流れ倍率は低くなる傾向があります

 

ですので倍率という視点で見ると経済学部や法学部は倍率が低くなっていますが

難易度はほかの学部より高くなっているためこの2つの学部を受験する場合はしっかりと対策をとりましょう

 

総合的に見て国際コミュニケーション学部やネットワーク情報学部のほうが倍率は高いですが

難易度の高い経済学部や法学部よりは合格できる確率は高くなると思います

 

今回は専修大学の倍率の高い学部についてお伝えしました

過去問等をしっかり解いて対策をしておけば倍率の高い学部でも恐れることありません!

 

☆専修大学赤本☆

専修大学を志望している方は必ず赤本を解いて対策をしましょう!

上のリンクから他の大学の過去問も探せます

スポンサーリンク



 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です