これからの日大の倍率はどうなる?

Last Updated on

今回は日本大学のこれからの倍率はどうなるのかについてお伝えします!

日本大学はアメフト問題などがあり、志願者数が少なくなり志願者が下がる傾向にありました

ではこれからの倍率はどうなるのでしょうか??

気になっている方も多いと思います!

そこで皆さんにもこれからの日大倍率予想をお伝えします!

 

スポンサーリンク



 

これからの日大の倍率はどうなる!?

アメフト問題の2019年度の日大入試の状況

 

2019年度、日本大学はアメフト問題でマスコミからの批判を受けてしまいました

 

もちろん、有名大学であり、マンモス大学でもあるためそれでもたくさんの受験者がいましたが

2019年度は2018年度受験者数が115,180だったのに対し、 92,21185.9%)と受験者数が22,969人減少してしまいました

 

そのため倍率も減少しました

 

ある程度予想はされていましたが、大きく受験者が減少し、受験費用でみても8億円(推計)のマイナスでした

 

大学は入学金や授業料、また受験料などでも収入を得ていますがこの受験者数の減少は

かなりダメージが大きかったのではないかと思います

 

☆日本大学過去問☆

日本大学(商学部) 2020年版;No.369 (大学入試シリーズ) [ 教学社編集部 ]

価格:2,178円
(2020/5/16 22:26時点)
感想(0件)

日本大学(法学部) 2020年版;No.367 (大学入試シリーズ) [ 教学社編集部 ]

価格:2,178円
(2020/5/16 22:27時点)
感想(0件)

日本大学の赤本は学部ごとに分かれています

各学部過去3年分あります

日本大学を第一志望にしている方は過去10年くらい分中古で買っておくとよいでしょう

ここでは商学部と法学部を掲載しています!

 

スポンサーリンク



 

これからの日大の倍率はどうなる!?

これからの日大倍率は増える?減る?

 

まず、結論から言うと

 

これからの日大の倍率は下がったときと比べて増える

 

と予想いたします

 

これには理由が大きく2つあります

 

1つ目は2019年度の倍率が大きく下がったためこれ以上下がると言うのは予測できないためです

2019年度はまだマスコミの報道などがたくさんあったためその影響を受け倍率が大きく下がりました

ですが、今回はマスコミの報道もあまりなく大きく影響を受けることはないと思います

これから時間が経つにつれて完全にこの問題が消えるわけではないですがこれほどの規模、知名度の大学ですので

この先ずっと倍率が下がったままというのはないと思います

逆にここまで大きな問題になったのも日大の知名度ゆえだったともいえるでしょう

ですのでこれからの日大の倍率は以前のような高さに戻ると考えられます

 

2つ目はこれから先の入試が安全志向であると言うことが言えます

これは今後入試が変わるため入試で失敗をして浪人してしまうと非常に不利になってしまうからです

ですので今までの年ならMARCHなどに挑戦して受験していた受験生もこれからは少しランクを落として

日東駒専などを受験する人が多いと予想できます

よってこれからの日大の受験者数は以前より増え、倍率も上がると予測します

 

今回は日大のこれからの倍率がどうなるかについてお伝えしました

全体的に安全志向になる中、日本大学の倍率も高くなると予想されるので、どの大学を受ける受験生もしっかり準備をしておきましょう!

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です