受験に失敗して立ち直れない方へ

Last Updated on

 

スポンサーリンク



 

今回は受験に失敗して立ち直れない方へ向けて私の考えをお話しさせていただきたいと思います

 

私は長年予備校で働いており、たくさんの生徒を見てきました

 

第1志望校に合格した生徒も見てきましたが、惜しくも第1志望を逃してしまった生徒も見てきました

 

また私自身もたくさんの失敗をしてきました

 

ですが私はあまり落ち込んだり立ち直れないということがありません

 

そんな私が考えていること
また生徒を見て私が感じたことや、私が生徒に話していることをお伝えします

 

 

受験に失敗して立ち直れない方へ

受験に失敗するのは悪いことなのか

 

まず、受験に失敗してしまったことは悪いことなのでしょうか??

 

この記事を読んでいる皆さんは自分の思っていた結果を出すことができなかったため落ち込んでいると思います

 

ですが私は受験に失敗してしまったことは悪いことでもなんでもないと思います

 

これはなぜかというと

受験に失敗したということは皆さんは挑戦をしていたということだからです

 

挑戦をしている人にしか失敗はありません

 

また受験というのは合格する人もいれば不合格になってしまう人もいます

 

それが受験というものなのですが、その大変な受験に立ち向かったということ、それがみなさんにとって1番の成功だと思います

 

なので失敗してしまったことを悪いことだと思わず、立ち直れないほど深く落ち込む必要もないのです

 

スポンサーリンク



 

受験に失敗して立ち直れない方へ

 

生きてる間はいくらでもチャンスがある

 

受験に失敗してしまった生徒と話していると受験に落ちてしまったことで生きてる意味がなくなってしまったのではないかとまで思ってしまう生徒がいます

 

たしかに受験で合格するという目標の中で生活しているとそれしか見えず視野が狭くなってしまいます

 

ですが、そういう時こそ大きな視野を持って生活してみてください

 

受験で失敗してしまった。というのは実は人生が終わってしまうほどの失敗ではありません

 

生きている間みなさんはたくさんのチャンスがあります

 

ましてや、受験生である皆さんはまだ年齢が若い方が多いのではないでしょうか?

本当に大切なことは受験に受かることではなく、これから先の人生でどのくらい頑張れるかです

 

私自身も失敗してもまたどこかで挽回してやろう!という気持ちを持っているため立ち直れないほど落ち込むことがありません

 

みなさんもこの経験を人生の糧にしましょう

 

スポンサーリンク



 

受験で失敗して立ち直れない方へ

 

これからの人生はマインドセットで決まる

 

受験というのは期限のある戦いです

1月や2月に試験があり、その試験に勉強を間に合わせなくてはいけません

 

ですが、人生の中では期限がきっちりと決まっていることは意外と少ないと思います

 

そんな中で本当に大切なのは

マインドセットなのです

 

どのくらい自分をやる気にできるか

どのくらい成功を目指して継続できるか

 

これができる人はしっかり成功をすることができます

 

ですので受験での経験を活かして

高い目標の設定

PDCAサイクルの徹底(Plan,Do,Check,Action)

継続的な行動

をできるようにしましょう

 

このようなことは意外に徹底することは難しいですが、受験で悔しい思いをしたみなさんはその思いを糧にできるようになると思います

 

今回は受験で失敗してしまい立ち直れない方に向けて記事を書いてみました
悔しい思いをしたからこそ生まれることはとっても多いので、ぜひ気持ちを次に向けていきましょう!!

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です