受験生は風邪を引いていても勉強しろ!?

Last Updated on

この記事は2020年5月11日に追記されています

 

スポンサーリンク



 

今回は受験生は風邪を引いていても勉強したほうがいいのか?ということについてお伝えします

 

特に受験直前期に風邪を引いてしまった場合、どうすればいいのか悩む受験生が多いと思います

 

この記事を参考にして悩みを解消してください!

 

スポンサーリンク



 

受験生は風邪を引いていても勉強しろ!?

勉強をしないという選択も大切です

 

結論から言うと

 

受験生は風邪を引いているときは勉強をしない!

 

という選択をすることが大切です

 

これはなぜかというと

風邪を引いている時の勉強はあまり頭に入っていないからです

 

例えばいつもなら10分で終わる勉強を1時間かけて行ってしまったり、何回やっても暗記科目が頭に入ってこないということが起きます

これはとても効率が悪く体調が悪い中、無理して行うほどのメリットはありません

 

私も受験生にアンケートを取ってみました

風邪を引いても勉強をする??

やはり受験生のみなさんは風邪をひいても勉強をする人が多いようです

 

ですが次のアンケートを見てください!

 

風邪を引いたときにした勉強の効果はあった??

このアンケートによると風邪をひいたときの勉強は効果がないと感じる人のほうが多いようです

7割近くの生徒が効果がない・どちらかといえばないと答えていました

 

受験生は受験生であるというプレッシャーや勉強をしない時間が不安で風邪をひいていても勉強をする人が多いですが

実際勉強をしたがあまり効果を感じないようです

また、無理をしながら勉強をして体調を回復させることを遅らせることは後の勉強にも影響しますし、結果的に勉強時間を無駄にしてしまうことになります

 

ですので風邪ひいてしまった時は体を休ませ体調を整えることに集中したほうが、結果的に良い効果を生むでしょう

 

スポンサーリンク



 

受験生は風邪を引いていても勉強しろ!?

 

入試直前や本番に風邪を引いたらどうすればいいのか?

 

入試直前や本番に風邪を引いて体調を崩してしまうことは体調管理をしっかりしていなかったということになってしまいますが、どんだけ注意していてもやはり体調を崩してしまうことはあります

 

では、入試直前に風邪を引いてしまった場合でも勉強をしないほうがいいのでしょうか?

 

その答えはYESです

 

なぜかというと先ほど言ったように体調を治すことに集中したほうが風邪を長引かせるよりよっぽどいいということです

 

また、入試直前(1~3日前)は無理に勉強をするよりも少し休んだほうが疲れた脳みそを休めることができ、本番で力を発揮できます

 

ですので入試直前に風邪を引いた時は無理に勉強をせず脳と体をしっかり休めましょう

 

では、入試当日に風邪を引いてしまった場合どうすればいいのでしょう?

 

 

入試当日に風邪を引いてしまった場合はゆっくり休んで…というわけにはいかないので

 

無理をしてでもしっかりと受験しましょう!

 

かなり大変だとは思いますが、受験はみなさんには合わせてくれません

 

また風邪を引きながら受験しても合格の可能性はありますが、受験しなければ合格の可能性はゼロです

 

普段はあまりオススメできませんが、入試当日に熱がある場合は解熱剤を飲んだり、栄養ドリンクを飲んだりして少しでも普段の力を出せるようにしておきましょう

 

受験当日は無理してでも受けましょう!

 

 

 

スポンサーリンク



 

受験生は風邪を引いていても勉強しろ!?

 

受験生が風邪を早く治すコツ

 

風邪を早く治すコツは

 

①体を安静にする

②睡眠をしっかりとる

③水分補給を忘れずにする

 

①、②番については風邪を早く治すために当たり前のように思うことですが、意外に受験生の皆さんはこれをすることが難しいと思います

 

なぜかというと受験生の皆さんはしっかりと体を休めることが受験に失敗することにつながるのではないか?と思ってしまうからです

 

なので、風邪を引いている時こそ体をしっかり休めることに集中しましょう

 

 

最近の話では、風邪を早く治すために1番効果的なことは

 

風邪を治すためのエネルギーを他のことに使ってしまわないこと

 

と言われています

 

これは風邪を早く治すためには、体がもともと持っている体力を風邪を治すことに集中させるということです

 

なので風邪をひいている時は何もしないで安静にするのが1番効果的です

 

③番については、風邪をひいた時は発熱や発汗により水分がたくさん奪われます

 

また、喉の痛みなどがある場合も水分を摂ることで喉を潤すことができます

 

水分は少しずつをたくさん飲むように心がけましょう

 

 

今回は受験生は風邪を引いても勉強すべきなのか?ということについてお伝えしました

この記事を参考に、受験生である時こそ風邪を早く治すことに集中できるようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク



 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です