明治大学の倍率が低い学部はここだ!

Last Updated on

スポンサーリンク



 

今回は明治大学で倍率が低い学部を紹介したいと思います

明治大学はMARCHのMを担っており、かなりの人気を誇る大学です

みなさんの中にはどうしても明治大学に行きたい!と言う方も多いでしょう

そのような方はとりあえずでも倍率の低い学部を受けておくのも明治大学に合格する1つの手だと思います

ですのでこの記事を参考に明治大学への合格を掴み取ってください!

 

スポンサーリンク



 

明治大学の倍率が低い学部はここだ!

偏差値が低いのは??

 

まず、明治大学の中で比較的偏差値が低い学部は

文学部

経営学部

の2つでしょう

 

明治大学の看板学部である政治経済学部は最新のデータで
偏差値62.5(一般入試)あります

 

ですが文学部は英米文学科、ドイツ文学科、考古学科などで偏差値60.0と少し低い偏差値になっています

 

また経営学部も一部の試験方式では偏差値60.0と看板学部である政治経済学部よりも低い偏差値になっています

 

ですので偏差値という視点で見ると
文学部、経営学部が入りやすい学部と言えるでしょう

 

また意外と盲点なのが
農学部になります

 

農学部というと理系のイメージが強く文系の方は受験するという選択肢にも入れてない場合が多いですが
明治大学農学部食料環境政策学部では

英語、国語、地歴で受験することが可能で文系の方でも受けることができます
(もちろん数学、理科も選択可能)

 

また偏差値はこちらも60.0で他の学部よりも低めなので穴場の学部と言えるでしょう

 

 

スポンサーリンク



 

 

明治大学の倍率が低い学部はここだ!

 

倍率が低いのは??

 

さて本題ですが倍率で見た場合どの学部が1番低いのでしょう

 

明治大学の倍率が低い学部は

法学部でしょう

 

明治大学ではMARCHの1つであり人気大学のため殆どの学部で一般入試の倍率が6倍近くあります

ここ数年の倍率を見てもほとんどの学部で6倍近く、または6倍以上の倍率を出しています

 

ですが法学部ではここ数年4倍5倍の倍率が続いています

 

ですので倍率という視点で見れば1番低いのは法学部ということになります

 

スポンサーリンク



 

明治大学の倍率が低い学部はここだ!

 

明治大学はやはり難しい

今回は偏差値、倍率の視点から明治大学の中でも入りやすい学部を紹介しました

 

ですが、皆さんご存知の通り明治大学はMARCHでも上位の偏差値を叩き出しておりやはり入学するのは難しいです

 

明治大学の中でも偏差値や倍率が低い学部は紹介しましたが、どこも難しいところばかりなので最後まで諦めずにがんばっていきましょう!

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です