高1必見!高1が勉強でやるべきことは??

Last Updated on

この記事は2019年5月14日に修正されました

 

スポンサーリンク



 

今回は高1が勉強でやるべきことをお話します!

 

高校1年生のみなさんは高校受験を終えて始めての高校生活に期待と不安を抱いているでしょう

 

青春真っ只中のわたくしも当時はもちろんそうでした(笑)

 

しかし!!

そんなことを気にしている暇がないほど大学受験は大きく変化をしようとしています

 

大学入試が新しくなり今までとは違う形式になっていきます

 

なので高1からの勉強がとっても大切になります

早めの学習で新入試に対応していこう!

 

スポンサーリンク



 

高1必見!高1が勉強でやるべきことは??

 

 

その1

まずは英語をやってみよう

 

高校1年生のみなさんは学校の授業で勉強している他に何を勉強しようと思ってる人は多いと思います

 

そのような方にはまずは英語を勉強することをおすすめします

 

理由は2つあります

 

1つは英語は大学入試で理系でも文系でも絶対に使う教科だからです

 

大学入試では英語で合否が分けられるなんてことがたくさんあります

 

特に私立文系のMARCHや早慶を目指している方は絶対に点数を取らないといけない科目になります

 

 

2つ目は英語という教科はやってすぐに結果が出ないということです

 

例えば社会や理科の一部の科目などはやってすぐに点数が伸びて行くということがあります

 

 

それはこのような伸び方です

 

(縦を点数、横を時間としています)

 

 

 

しかし英語はこのような点数の伸び方はせずこのような点数の伸び方をします

 

(縦を点数、横を時間としています)

 

 

英語は最初は成果があまり出ません

 

 

時間をかければかけるほど成績は上がっていきます

 

そこで高校1年生のみなさんにはまずは英語の勉強をやるべきです!

 

 

しかしまずは英語って言われたけどどう勉強すればいいの??

 

という方もいると思います

 

そういう方はまずこの記事を見てみてください

大学受験第一志望校へのお勧め英語勉強法

 

 

この記事の通り勉強していけば必ず第1志望校合格は見えてきます

 

そして大学新入試では英語の配点が変わり

リスニング:筆記=1:1

になります

 

ほとんどの生徒がこの英語の試験の変化が一番大変だと思います

 

今までのように筆記は得意だけどリスニングは苦手・・・

というようでは点数が取れなくなってしまったのです

 

ですが反対にこの変化にいち早く対応できれば難関大学合格にかなり近づきます

 

ですので

とにかく早く始めてください(←超大切!!)

 

 

結果は後から必ず付いてきます!

 

 

スポンサーリンク



 

高1必見!高1が勉強でやるべきことは??

 

その2

とにかく早く進める

 

その1ではぜひ英語を行って欲しいというお話をしましたが高校1年生のみなさんにはまだ時間があります

 

しかし!

 

時間があると言って今何もしなければどんどん時間は無くなっていくのです

 

部活や学校行事など楽しいこともたくさんあり、大変なこともたくさんあります

 

しかし今この高校1年生から勉強を始めることで周りとぐーーーーんと差をつけられます

 

これはとても重要な話なのですが

 

 

実は第1志望合格へやるべき勉強量はみんな同じなのです

 

え、どゆこと?と思う方もいるかもしれませんがこれは本当です

 

例えば第1志望合格まで12の量勉強すれば合格するとしましょう

 

これを高校三年生から勉強し始めると1ヶ月に1ずつ勉強しないと間に合わないということになります

 

それが高校1年生の夏頃から始めた場合

 

12÷30ヶ月=0.4

 

そうです今始めると高校3年生から始めるのと比べ0.4倍、約4割の労力で済むのです

 

でもそれなら高校3年生から始めて超頑張れば良くない?と思うと思いますが大体の高校生はこの1の量を急に勉強し始めてもやりこなせないのです

 

ですので勉強になれるという面や習慣付けという面からもとにかく高校1年生から勉強を始めることが大切なのです

 

 

スポンサーリンク




 

 

高1必見!高1が勉強でやるべきことは??

 

その3

定期テスト期間は定期テストの勉強をがんばろう

 

そんなの当たり前じゃないか、と怒られそうですが、1年生だからまだいいかというように全然勉強をしなくなってしまう高校1年生も多いのです

 

しかしなぜ高校1年生は定期テストの勉強をしたほうがいいのかというとそれは2つの理由があります

 

 

1つは定期テストの勉強によって英語以外の科目も勉強になるからです

 

 

先ほど高校1年生は英語を頑張ろうとお話ししましたが、定期テストの勉強を頑張ることによって他の科目も多少は勉強になります

 

受験勉強レベルでなくても基礎がわかるだけでもあとでしっかり勉強するときに役に立ちます

 

また高校1年生は理系文系どっちに進みたいか決まっていない人も多く、また国公立か私立かもわからないという場合も多いです

 

高校1年生から文系科目だけやっとこうと選択肢を絞ってしまってはもったいありません

 

まだその時ではないのです

 

そのため高校1年生の時期はすべての教科を定期テストレベルでいいのでしっかりやっておきましょう

 

 

2つ目は指定校推薦の対策になるということです

 

 

これは人にもよると思いますが指定校推薦では学校の成績が判定の基準になります

 

例え指定校推薦を使おうと考えていなくても自分の行きたい大学が指定校推薦で行ければラッキーですよね

 

また大学新入試で難易度が上がるため指定校推薦で合格できることが一番いいと思います

このためたくさんの人が指定校推薦を狙ってくるため高1からしっかりと対策しておきましょう

 

そのためにも高校1年生の時点ではまだ定期テストにもしっかりフォーカスしていき今後の可能性を残しておく。という勉強法が大切だと思います

 

 

今回のまとめは

 

①まずは英語をがんばってみよう

 

②今すぐに勉強を始めて周りと差をつけよう

 

③定期テスト期間は定期テストをがんばってみよう

 

 

今回は高1がやるべき勉強というテーマでお話ししましたが、高校1年生の時期が実はとっても大切だということがわかったと思います

 

この記事を読んでくださった高校1年生のみなさんは是非部活にも勉強にもたくさんのことに一生懸命頑張って欲しいと思います!

 

スポンサーリンク



 

高1から勉強を始めるならまずはお手軽なスタディサプリがおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です