東進衛星予備校で体験をするには?経験者が内容を詳しく説明します!

Last Updated on

今回は全国に展開している予備校である東進衛星予備校で授業の体験をする方法をお伝えします

東進衛星予備校でどのような授業が受けられるのか体験してみたい…

でもやり方がわからないという方は是非この記事を参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



 

東進衛星予備校で体験をするには?

まず体験はいつ受けられるの?

 

まず体験を受けられる期間についてですが

体験授業と呼ばれる普段東進の内部生が受けている授業の1講座目を体験できるものに関しては

 

一年中いつでも体験することができます

 

ですので体験をしたいときはいつでも東進衛星予備校の授業を体験することができます

 

ですがこの体験授業では基本20講で1つのセット講座となっているものの1講座目しかみることができません

 

また、東進の講座にある確認テストというものは受けることができません

 

それを解消するために東進衛星予備校では年に3回(春、夏、冬)ある招待講習というものがあります

この招待講習では普段1講座しか見れないところが5講座見ることができ、また確認テストも受けることができます

 

ですので、とりあえず少しでも見てみたい方や入学を急いでいる方体験授業

そしてじっくり授業を受けてから入学を決めたい方招待講習を受けてみるといいでしょう

 

スポンサーリンク



 

東進衛星予備校で体験をするには?

 

体験をするための申し込み方法

 

東進衛星予備校で体験をするには3つの申し込み方法があります

 

①インターネットで申し込む方法

東進衛星予備校のホームページで行きたい校舎のページを見ると体験授業を申し込むことができるページがあります

このページから申し込みをするとその校舎から後日電話がきます

そのときに校舎に行くことができる日を聞かれるので日程が決定したら申し込み完了です!

 

 

②電話で申し込む方法

この方法では行きたい校舎に直接電話をかけて申し込む方法です

 

電話をすると名前、学年、学校名などを聞かれインターネットの時と同様に校舎に行くことができる日を聞かれるので日程が決定したら申し込み完了となります

 

③直接校舎に行って申し込み

この方法では直接校舎に行って申し込みをします

いわゆるアポなしということになるので

場合によっては担当のスタッフがいない場合や大学生のアルバイトのみしかいない場合もあるのでなるべくインターネットや電話での申し込みをしたほうがいいと思います

ですがすぐにでも体験したい!という方は担当のスタッフがいればすぐに体験することも可能です

 

ちなみに当日の持ち物は基本、筆記用具と映像授業を見るためのイヤホンなどが必要です

そのほかの細かいことについては校舎によって異なる可能性があるので電話で聞いてみるといいと思います

 

スポンサーリンク



 

 

東進衛星予備校で体験をするには?

 

体験の感想

 

私が実際に高校生時代に体験をしてみた感想としては百聞は一見にしかずということです

 

テレビのCMや友達の話を聞いただけではわかりませんし、映像授業と言っても校舎のスタッフと合うかどうかも体験してみなくてはわかりません

 

その時に入学を勧めるような場合もあるかもしれませんがわからないところはたくさん質問して、判断することが大切だと思います

 

ちなみにこの方法は東進ハイスクールでもほぼ同じなので近くの校舎が東進ハイスクールの場合でも大丈夫です!

 

今東進衛星予備校に興味がある方は気軽に体験授業を受けてみることをおすすめします!

今回のこの記事を参考にして是非東進衛星予備校の体験に行ってみてください

 

 

スポンサーリンク



 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です