10月は共通テストの勉強をすべき?

Last Updated on

今回は「受験生は10月に共通テストの勉強をすべきなのか?」についてお伝えします

 

10月は特に共通テストの勉強をするか二次試験、個別試験の勉強をするか迷うと思います

 

この記事を読んで是非勉強の参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



 

10月は共通テストの勉強をすべき?

私立大学志望編

 

結論から先に言うと…

私立大学志望の生徒であれば

 

10月は共通テストの勉強をしなくても良いです

 

これを聞くと本当に?と思う方もいるかもしれませんが

 

実は10月は私立大学の過去問をゆっくり解く時間が取れる唯一のチャンスです

 

 

12月に入るとゆっくり私立大学の過去問を解くほど気持ちに余裕がなくなってきます

また1月に入るとすぐ共通テストが始まるので10月は私立大学の過去問を解く絶好のチャンスなのです

 

ですので共通テストの勉強はしなくても良いと思います!

 

ですが共通テスト利用入試で狙っている大学がある場合やまだ共通テストレベルがあまりできていない場合は週に1、2回目程度共通テストの練習をしても良いでしょう

 

しかし、この時共通テストの問題と私立大学の問題の解き方を混同しないように同じ日に両方の過去問を解かないようにしましょう

 

これは大雑把に言うと共通テストは速読・多読重視、個別試験は精読重視だからです

この解き方をしっかり分別するためにぜひ守ってほしいと思います

 

スポンサーリンク



 

10月は共通テストの勉強をすべき?

 

国公立大学志望編

 

結論から言うと…

国公立大学志望の生徒は

 

共通テストの勉強を週2~3日行いましょう

 

これは国公立大学では共通テストの点数がまず取れないと二次試験に進めないことが多いからです

 

また私立大学も併願で受ける場合でも共通テスト利用入試である程度の大学を狙えるように準備しておく方が私立大学個別試験の過去問をたくさん解くより時間を有効に使えます

 

共通テストの勉強をする以外の日は二次試験の練習をしましょう

 

比率は共通テスト、二次試験の割合にもよって変わると思います

 

ですが国公立大学志望では共通テストの勉強はとても大切なので10月もしっかり勉強しておきましょう

 

今回は10月に共通テストの勉強をすべきかについてお伝えしました

是非この記事を参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です