【英検2級】高校生が早くとるべき理由

Last Updated on

今回は英検2級を高校生が早く取るべき理由についてお伝えします

英検は昨今グローバル化や就職活動、また入試制度が変わったことでとても必要になる資格です

ではなぜ高校生で英検2級を取ったほうがいいのか

その理由をご紹介します!!

 

スポンサーリンク



 

 

英検2級!高校生が早く取るべき理由

理由その1:入試改革で必要になります

 

入試がかつてのセンター試験から変わり新しい入試制度になった今では

「英検は持っていたほうがいい」から

「持っていないとダメ」というレベルまでに代わっています

 

特に英検は私立大学での合否判定の資料となります

なので高校生はいち早く英検2級の勉強をして英検2級を取得しておくべきです

 

目安は高校2年生が終わるまでには英検2級を取っておくべきでしょう

 

特に早稲田大学や慶應大学、上智大学を目指す高校生は高校2年生よりももっと早い時期に英検2級を取っておき

準1級取得も視野に入れて学習を進めておくことがとても大切です

 

 

スポンサーリンク



 

 

英検2級!高校生が取るべき理由

 

理由その2:英検2級がないと受験で戦えない?

 

理由2つ目は英検2級がないとこれからの入試では戦えないということです

 

どういうことかと思う方もいるかもしれませんが今の大学受験の当たり前になりつつあります

 

これはなぜかというと

 

今までの入試より英語の全体的なレベルが上がるからです

 

また少子化によって難関大学の定員減少

そして大学全入時代によって多くの高校生がただ大学に入ることを目的とせず難関大学に入学することを目指しているという現状から

さらに英語のレベルは上がるでしょう

 

その英語レベルに立ち向かうためには

 

最低でも英検2級を持っているということが条件というようになっていきます

 

ですので高校生は早めに英検2級を取得しておきましょう

 

 

スポンサーリンク



 

 

英検2級!高校生が取るべき理由

 

理由その3:英語4技能を習得しなくてはいけない

 

実際高校生では学校の試験やテストで英語の力を身に着けることができます

 

なのでわざわざ英検の勉強をしなくてもいいんじゃないかと思うかもしれません

 

ですが僕は学校のテストよりも

特に英検2級の取得にこだわってほしいと思っています

 

それはなぜかというと

 

英語4技能が試される試験であるからです

 

英語4技能とは

リーディング

リスニング

ライティング

スピーキング

の4つです

 

今の大学受験の英語ではこの4技能が大切になります

 

リスニングやライティングは今まであまり重視されていなかったのですが

 

このリスニング、ライティングの点数比率が大きく増えます

 

ですので高校生の早いうちに英検2級対策をしておくとこのリスニング、ライティングに立ち向かう力をつけることができます

 

またスピーキングの力もしっかりつけることができます

 

英検2級は高校卒業レベルと言われているのでリーディングのレベルも上げることができるでしょう

ですので高校1、2年の早い時期にこの英検2級を取得することを目指して勉強を進めましょう

 

スポンサーリンク



 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です