無料で入手可能??大学の過去問入手方法

Last Updated on

今回は大学受験で避けては通れない過去問についてその入手方法をお伝えします

 

私立大学志望の人も国公立大学志望の人もたくさんの過去問を解かなくてはいけないですが、意外にも過去問の入手方法はたくさんあります

 

この記事を見てたくさんの過去問を解けるようにしましょう!

 

スポンサーリンク



 

無料で入手可能??大学の過去問入手方法

①スタンダードに赤本

 

大学の過去問といえば最初に思いつくのは

 

赤本でしょう

 

赤本には解答はもちろん解説もついているのでやはり赤本が1番おすすめでしょう

 

インターネットや書店、また今ではフリマアプリでも中古の赤本が安く手に入るのでそれで手に入れるのもいいでしょう

 

赤本ではたくさんの大学の過去問が発売されているので殆どの大学の過去問を入手することが可能です

 

ですので赤本がやはり大学の過去問のスタンダードでベストな方法であるといえます

 

ただ志望校がたくさんある方は少しお金がかかってしまうのでそこだけがデメリットと言えるでしょう

 

赤本

メリット

解答解説あり!

ほとんどの大学の問題が入手可能

デメリット

たくさん集めるとなるとお金がかかる

→フリマアプリなどで安く入手することも可能!

 

スポンサーリンク



 

②ただで入手可能?ネットで入手

 

インターネットが普及したいま大学の過去問も無料で入手できる方法があります

 

それが

 

ネットで入手する

 

という方法です

 

ネットで入手する方法としては

大学受験パスナビの過去問ダウンロードサービス

東進の過去問データベース

などが有名な入手方法です

 

この方法では簡単な登録をすれば無料で過去問を入手することが可能です!

 

過去問にあまりお金をかけたくないという方や、たくさんの大学の過去問を解いてみたいという人にはとてもオススメです

 

しかし、解答解説がない場合、また問題自体が著作権のためにないという場合もありますのでその場合は赤本を買うしかないでしょう

 

インターネットで入手

メリット

無料で手に入る

たくさんの大学の過去問が無料で入手可能

デメリット

問題がない場合も…

解答解説がない時もある

 

スポンサーリンク



 

③オープンキャンパスで入手

 

あまり知られていない方法かもしれませんが大学によっては

 

オープンキャンパスで過去問を配っている

 

という場合があります

 

行きたい大学の雰囲気も実際に見れる上に過去問までもらえてしまうなんてとてもお得な感じがしますよね

 

しかしほとんどの大学ではもらえる過去問は過去1年分であることが多いです

 

とりあえずどんな感じか解いてみるという場合にはいいと思いますが本気でその大学の合格を狙うのであればインターネットや赤本で入手することが望ましいでしょう

 

オープンキャンパスで入手

メリット

無料で手に入れられる

大学の雰囲気も見れて一石二鳥

デメリット

1年分しかもらえないことが多い

 

今回は大学の過去問の入手方法についてお伝えしました

 

受験学年であれば絶対に解かなくては合格はない過去問ですので、たくさんの問題を解いて合格に近づけるようにしましょう

 

スポンサーリンク



 

大学受験勉強を始めるならまずはこれ!!



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です