[おすすめ勉強法]英語長文の多読のやり方!

Last Updated on

今回は英語の長文が読めない!と言う方に向けて英語長文の多読のやり方をお伝えします

 

この多読は特にセンター試験の長文が読めるようになるためにオススメの方法なので是非この記事を読んで実践してみてください!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

[おすすめ勉強法]英語長文の多読のやり方!

多読とは??

 

まず多読とは何かみなさん知っていますか??

 

長文の読み方には大きく分けると精読多読と言う読み方に分かれますが

 

精読が文章をゆっくりとじっくり読む

 

ということに対して

 

多読は

 

 

文章を早くたくさん読む

 

 

ということになります

 

多読は文字通りたくさん読むという意味にはなりますが

 

英語長文での多読は

 

 

素早く流すように読む

 

 

ということがとても大切になってきます

 

 

スポンサーリンク



 

 

[おすすめ勉強法]英語長文の多読のやり方!

 

多読のメリットデメリット

 

では多読がどういうことなのかわかったと思いますが多読は英語長文の勉強としてどうなのでしょうか??

 

ここでメリットデメリットに分けてお伝えしたいと思います

 

まずは

多読のメリットです

 

 

多読のメリット

 

英文を英語のままですらすら読めるようになる

 

長文になれることができる

 

英語を楽しく学習できる

 

多読はたくさんの英文をすばやく読んでいくのでセンターレベルの長文に対してとても有効だと言えるでしょう

 

また、単語、熟語、文法の基礎を勉強した後、長文を読み始める方にもおすすめです

 

では逆に多読のデメリットはなんでしょう

 

 

多読のデメリット

 

国公立二次試験、私立大学個別試験のような難しい英語長文には向かない

 

英語の基礎が固まっていないと呼んでいても全く意味が捉えられなくなってしまう

 

多読は比較的易しい長文では効果を発揮できますが難しい長文にはあまり向かないでしょう

 

また英文をある程度流し読みできる英語の基礎力がないと多読をしても意味がないという状態になってしまうでしょう

 

 

スポンサーリンク



 

 

[おすすめ勉強法]英語長文の多読のやり方!

 

多読のやり方

 

ではどうやって多読をやっていくのか

多読をやっていくにあたっていくつかコツがあるので紹介します

 

 

1、センターレベル程度までの簡単な英文を読む

 

先ほどもお伝えしましたが多読は簡単な英文をたくさん読むことに効果があるので最高でもセンターレベルの英文を読むことをオススメします

 

はじめのうちはセンターレベルよりも簡単な英文で十分だと思います

 

 

2、あまり読み戻らないで読む進める

 

英文がわからなすぎて読み戻ってしまう場合は基礎ができていない場合が多いのでまずは基礎を固めましょう

 

基礎が固まっている方は英語を英語のまますらすら読めるように多読をしてみてください

 

はじめは少しゆっくりになっても構わないので戻らないで読むことに注意してみてください

 

 

3、とにかくたくさん読もう

 

あとはとにかく量をこなして英文に慣れていきましょう!

 

毎日読んでいれば絶対に英語がすらすら読める時がきます

 

 

今回は多読についてお伝えしました!

 

センターレベルの英語を読めるようになるにはとても良い方法だと思うので是非多読をしてみてください!

 

今英語が苦手な人も毎日読み続けていれば

英文がすらすら読める!という時が絶対にきます

 

その時を信じて毎日実践してみてください!

 

スポンサーリンク



You may also like...

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です