これだけで点数UP!センター英語ができない人へ

Last Updated on

 

スポンサーリンク



 

今回はセンター英語ができない人へセンター英語のコツをご紹介します

勉強を始めたばっかりの時だったり、まだセンター過去問を解いたりしていないとセンター試験の英語はできない・・・と思いますよね

 

しかし、センター試験の問題は実は高校2年生までの範囲しか問題に出ていないのです

 

これはどういうことかというとセンター試験ができなくては私大の問題や二次試験の問題なんてできるわけない!ということです

 

ですので特にセンター試験の英語などは早めに点数を取って欲しいのですが、難しい部分もあると思います

単語や熟語、文法が全くわからないというのであればそれを今すぐ勉強して欲しいのですが、基礎がある程度できているのにセンター試験の英語で点数を取れないというのはもしかしたらコツがつかめていないのかもしれません

そこで今回はセンター英語のコツをお教えします!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

これだけで点数UP!センター英語ができない人へ

 

その1
大問1、2番に力を注ぎすぎてない!?

 

センター試験の英語は皆さんご存知の通り大問1~6の構成で作られています

そして、大問1と2は発音アクセントと文法問題ですよね

 

実はそこにフォーカスしすぎると点数が取れないのです

 

 

私はセンター試験の英語をまだあまり解いたことがないのであれば模試などで大問1、2番に手をつけなくても良いと思っています

 

 

え!?と思うと思います

ですがよく考えて見てください

 

大問1、2の点数は合わせて61点になっています (2018年度センター試験英語)

ですがそのほかの長文のパートはどうでしょう

 

4つ合わせて139点になっています

 

センター英語を勉強しはじめた方はみんなこの大問1、2のところから勉強しはじめます

 

たしかに文法などは勉強しやすいのですが、そこをいくらきわめても60点ほどしか取れないのです

 

私が大問1、2を捨ててもいいと言ったのはもし大問1、2を捨ててもほかが正解していれば140点である7割を取れるからです

 

これは極端ですが、各大問ごとに一問間違えてしまっても6割ほどは取ることができます

また文法のパートではいくら勉強しても覚えていないという問題がある程度でて来ます

 

そこを満点にするより長文を満点にする方が絶対に効率がいいのです

 

ですのでまずは長文のパートにフォーカスし、繰り返し長文を解いていきましょう

 

 

スポンサーリンク



 

これだけで点数UP!センター英語ができない人へ

 

その2問題を解く順番しっかり考えてる??

 

センター英語を解き始めるとなぜか皆さん大問1から順番に解きはじめます

 

しかし長文は4種類、そしてアクセント、文法があるので自分の解きやすいものと解きにくいものがあります

 

ですので自分がしっかり点数を取れるというところから始めて見ましょう

 

しかしこの時点数を取れるということだけに気を取られてしまう人がいます

それはあまり良くありません

 

 

センターの英語は時間との兼ね合いが大切なのです

 

ですので

例えば大問5が読みやすく比較的点数が取れるところであればそこから始めて最後に大問2を解くというのでもいいです

とにかく長文ができなくては話にならないので時間が足りないというかたは長文から始めてみることをお勧めします

 

長文から始めた場合最初は終わりきらないかもしれません

 

しかし長文のパートで点数を取れてくればしっかり点数は上がるのでまずは長文をしっかり解くということを意識してください

 

☆センター英語ができるようになるにはこれ☆

センター試験本番レベル模試英語【筆記】(2020) (東進ブックス) [ 東進ハイスクール ]

価格:990円
(2020/5/15 14:35時点)
感想(1件)

 東進のセンター試験本番レベル模試の英語を数年分まとめたものです

僕もこれを使ってセンター英語の解く順番やコツをつかみました!

 

スポンサーリンク




これだけで点数UP!センター英語ができない人へ

 

その3
焦りすぎてない??

 

センター試験は内容の難しさよりも解答の速度が大切です

 

ある程度学力がついてくれば時間があれば解けるんだけど…という状況に陥ります

そして人は時間に追われるといつもはしないミスをしたり平常心を保てなくなります

 

これがセンター試験で一番難しいところなのです

 

これをどう克服するかというと普段過去問を解くときからその状況を作ればいいです

普段は時間が足りてるけどどうやって作るの?と思うかもしれません

 

しかしこれはとても簡単です

 

 

普通は80分で解答する英語を70分や75分以内に解く練習をするのです

 

 

そうすると練習の時から時間がない状況で問題を解くことができ、さらにそれになれれば本番では長く感じるので心の余裕ができます

このように少しのやり方で本番のような状況を作ることは簡単です

 

 

今回のセンター英語のコツは

1長文に力を注ぐ

2解く順番を自分なりにアレンジする

3時間にあせりすぎない

 

この三点ができればかなり点数を上げられると思います

ぜひ普段から気をつけて英語に取り組んで見てください!

 

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です