【忘却曲線】忘却曲線から学ぶ最強勉強法

Last Updated on

 

スポンサーリンク



 

今回は忘却曲線についてお話しします

 

皆さんはこの忘却曲線というものを知っていますか?

 

実はこの忘却曲線は大学受験勉強に限らず勉強をする上でとても大切なことになります

 

この忘却曲線から復習法を学ぶことが合格へ近づく方法の一つです!

 

皆さんもこの忘却曲線を知って効率的に勉強を進めて行きましょう!!

 

 

勉強に必須の忘却曲線から学ぶ最強復習法

 

忘却曲線とは

 

忘却曲線というのは記憶する上での忘却を表す曲線のことであります

心理学者のエビングハウスによるものがとても有名であり、このエビングハウスは無意味な音節を記憶して、時間とともにどれくらい忘れるのかということを数値化しました。

 

その結果できた忘却曲線がこちらです

 

 

この表ではどれくらい記憶したものが頭に残っているか、忘れているかということがわかります

 

 

人が何かを学んだ時には

20分後に42%忘れる

1時間後に56%忘れる

9時間後に64%忘れる

1日後に67%忘れる

2日後に72%忘れる

6日後に75%忘れる

1ヶ月後には79%忘れる

ということがわかります

 

 

20分後には42%も忘れるの!?!

と驚いた方もいると思いますが

 

人間は忘れる生き物なのです

 

こんなんじゃ勉強しても意味ないじゃん

と怒りの声が聞こえてきそうですがそうではありません

 

このことを知った皆さんはこれからは効率的に記憶することができるようになります

 

☆おすすめ暗記グッズ☆

僕が受験生の時に使っていた暗記グッズを少しだけ紹介します!

マーカーで線を引き塗ったところを赤シートで隠すと文字が見えなくなります!よく日本史などの勉強で使っていたものです!

テキストや教科書で重要部分をマーカーで塗り赤シートをかぶせると即穴埋め問題が完成します!

とってもいいグッズなので使ってみて下さい!

 

↓記事は下に続きます↓

 

スポンサーリンク



 

 

勉強に必須の忘却曲線から学ぶ最強復習法

忘却曲線から学ぶ復習の仕方

 

皆さんはもうこの忘却曲線のことがわかったと思います

わかってがっかりしてしまった方もいるかもしれませんがこのことを逆に利用して圧倒的に記憶の効率を高めることができます

 

 

その方法は

 

忘れる時期にもう一度復習することです

 

 

そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれませんがその時期が大切なのです

 

忘却曲線からも分かるように20分後にはもう4割も覚えたことを忘れてしまっています

 

そこで20分後にはもう一度復習をしましょう

 

普通覚えたと思ったものをそんなに早く復習しないと思いますが

20分後という早いタイミングで復習をしておく

というのがとても大切です

 

そしてその後にも定期的に復習をして行きます

そうするとこのような図になります

 

 

忘れたものをまだ覚えまた少し忘れそれを覚えていく

この繰り返しでどんどん定着していき長期的にも覚えているという状態を作ることができるのです

覚えたての知識は完璧に覚えたと思っていても少し経ってもう一度復習してください

 

そうすることで効率的に記憶することができます

 

みなさんもこの忘却曲線をうまく利用することで記憶の天才になってください!

 

スポンサーリンク



 

今日のまとめ

 

①人間は忘れる生き物だ!!

忘れるのは当たり前だと知っておこう!

 

②覚えたてのときはすぐに復習をする

覚えたてが1番忘れます!!

 

③定期的に復習しよう!!

覚えたと思っても時間がたてばある程度忘れてしまう

繰り返すことで記憶を定着させる

 

スポンサーリンク



You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です